FC2ブログ
試験的なイラストぶろぐ
試験的な何か。のイラスト、漫画専用ブログです。 知り合いからお前のHPは絵の感想が書きづらい。 と言われ、ブログ形式に移行。

はぢめてのCG集DLサイト様で発売中ですよ(゚∀゚)
【東方CG集(紅魔館編)】DLsite.com直リンク


◇お仕事・依頼募集中◇

絵・イラストのお仕事、依頼を随時募集中です。
もしもあればお気軽にメール、メッセなどでお声掛けください。

その他、アイマス、東方、ボカロ、etc…などで企画、1枚絵、挿絵などで描いて欲しいという方が居れば、またはゲスト依頼なんかも上記と同じようにお気軽にご連絡ください。
お待ちしております~(´ω`)


この度、スティッカムに登録をしました。
イラスト製作過程などを配信していきたいと思いますので、宜しかったらお気軽にお越しください(゚∀゚)
スティッカムマイページ
今更ですが、ピクシブのマイページもおまけにリンク先を明記しておきます。
pixvマイページ

今までうpしてきたアイマス動画、ニコ動へうpしてきた投稿動画は、コチラのページに公開投稿動画として纏めてありますのでどうぞ~(゚∀゚)
◆アイマス動画、ニコ動公開投稿動画ページへ◆
◇現在→アイマス動画10作品、オリジナル動画8作品。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方夢幻能RE/第2話「真司と咲夜」


もったり続くよ東方SS2夜目(´ω`)


正午過ぎ。
基本的にゆったりとした生活を送っている幻想郷の住人たちも流石に本日二度目の食事をしている頃合。
紅魔館在住の真司は未だベッドの中だった。


-紅魔館・真司の部屋-


ゆっさゆっさ…


体が揺らされていることを気がつくと同時に、自分が起きたということを自覚する。
だが、未だに酷い眠気が残っているために重い瞼を開くことが出来ない。


「真司さん、起きてください」
「うーん…」


よく聞きなれた澄んだ声で促されるも、口から出るのは何語か解らない声のみだった。


ゆっさゆっさ…ゆっさゆっさ…


「もう正午も過ぎていますし、妹様も食堂でお待ちですよ」
「…まだ眠い…あと五…いや、二時間くらい寝かせてくれ…」


咲夜の声も徐々に鮮明に聞こえてくるものの、未だに瞼は開けずにベッドに埋もれている真司。
基本的にこの幻想郷では学校も仕事もない。
駄目な人間ならばすぐに自堕落な生活を送ってしまうだろう。
しかし、真司がそうならなかったのは…


カツンッ


「・・・」
「・・・」


真司の耳元のすぐ横に風切り音がしたと思った刹那、鋭い音が部屋に響いた。
すぐさま眠気などは消し飛び、変わりに冷や汗が滲んできた。


「おはようございます」
「はい」





気がつけば上半身はしっかりと起こしており、姿勢正しくベッドの上に鎮座していた。
真司の朝(昼)の挨拶を笑顔で返す咲夜。
上半身を起こすときに枕元にナイフが見えたのは気のせいだと思った。


「それでは、着替えはここに置いておきますね」
「あぁ…そういえば、レミリアは…?」


咲夜がチェストの上に真司の着替えを置いているところに先ほどの咲夜の言葉を思い出して質問をした。


「お嬢様はこれから起こしに行きますわ」
「なるほど」


聞いてみれば別段変わった答えが返ってきたわけでもなく、生返事をする。


「…ちなみに、時間の掛かる順番ですので。効率的に」
「・・・」


真司の着替えを綺麗に置き、部屋を出ようとしていた咲夜が呟いた。
その言葉に真司は引っかからずには居られなかった。


「…それはつまり…俺の方がレミリアよりも手間が掛かるということか…」
「はい、妹様よりは幾分アレですが」
「・・・」


実年齢は置いておいて。
精神年齢は圧倒的に姉妹よりも上だと確信していた真司。
フランにおいては言うに及ばずなので、この際外すとして…
レミリアよりも手間の掛かるヤツだったという事実がショッキングだった。


「…明日からは早起きするわ…」
「そうして下さると助かりますわ」


部屋を出る間際、振り返り、笑顔で話す咲夜を見てしてやられたと思うも既に後の祭り。
一度口に出してしまったことを今更訂正するなどは、ばつが悪過ぎた。


「…もう少し隙があった方が可愛く見えると思うぜ…」
「善処しておきますわ」


このまま黙って負けを認めるのも悔しかったので、苦し紛れに一言告げるも、大人の対応で綺麗に捌かれてしまった。


「それでは、支度が済んだら食堂へお急ぎください」
「…おう」


咲夜は静かにドアを閉めて部屋を出て行った。


実年齢は以前に聞いたことがあるが、結局教えてもらえなかった。
見た目だけを見れば真司よりも年下だとは思っていた。
だが…
その言動と醸し出す雰囲気がとても同年代だとは思えなくしていたのだった。


「…着替えるか…」


誰に言うわけでもなく、呟きながら咲夜が置いておった着替えに袖を通す。
朝から敗北感を味わいながらも、せめてレミリアよりは先に食堂へ向かおうと急ぎ支度をする真司だった。


気がつけば、枕元にあったナイフは消えていた。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

スティッカムで簡単ライブ動画配信

プロフィール

シンヤ(nanpP

Author:シンヤ(nanpP
・東方では始めて会った時からレミリア一筋。
・生粋の黒ニーソスキー。
・えろい。
・アイマスでは千早一筋。
・けいおんは澪。


◇mixi(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1342834 )
◇メッセ(nanp728あっとhotmail.com)
◇ついったー(https://twitter.com/nanp00)
◇スカイプ(nanp00)
お気軽に登録してやってください(゜∀゜)


<近況報告>
ひたすら描き続ける時期に入ってます(゚∀゚)

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。