FC2ブログ
試験的なイラストぶろぐ
試験的な何か。のイラスト、漫画専用ブログです。 知り合いからお前のHPは絵の感想が書きづらい。 と言われ、ブログ形式に移行。

はぢめてのCG集DLサイト様で発売中ですよ(゚∀゚)
【東方CG集(紅魔館編)】DLsite.com直リンク


◇お仕事・依頼募集中◇

絵・イラストのお仕事、依頼を随時募集中です。
もしもあればお気軽にメール、メッセなどでお声掛けください。

その他、アイマス、東方、ボカロ、etc…などで企画、1枚絵、挿絵などで描いて欲しいという方が居れば、またはゲスト依頼なんかも上記と同じようにお気軽にご連絡ください。
お待ちしております~(´ω`)


この度、スティッカムに登録をしました。
イラスト製作過程などを配信していきたいと思いますので、宜しかったらお気軽にお越しください(゚∀゚)
スティッカムマイページ
今更ですが、ピクシブのマイページもおまけにリンク先を明記しておきます。
pixvマイページ

今までうpしてきたアイマス動画、ニコ動へうpしてきた投稿動画は、コチラのページに公開投稿動画として纏めてありますのでどうぞ~(゚∀゚)
◆アイマス動画、ニコ動公開投稿動画ページへ◆
◇現在→アイマス動画10作品、オリジナル動画8作品。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対魔征伐係.235「エピローグ③」


高嶺本家。
元々頭首である甚平だけが住んでいた大きな屋敷。
そこに生活面で世話をする女中達と仕事面でサポートをするお抱えの対魔師達だけが加えて居住を許されていたのだった。
女中達は先の一件に着いては何も知らされておらず、無罪放免。
お抱えの対魔師達は地上神の眷属騒動に扮して消息を絶った。
ここ数日で高嶺本家も大きく変化があった。
そんな高嶺本家の広大な敷地にある広大な庭、庭園に閑流の姿があった。


「・・・」
閑流は既に季節も冬本番にも関わらず胴着一枚で刀を振っていた。
公共の公園などではなく、私有地のこの庭ならば思う存分刀も振れるので鍛錬のし甲斐も増すと言うものだった。
「休日だって言うのに頑張っているわね~」
「・・・私には休日も関係ありませんから」
縁側にふらふらと雪菜がやって来て何時もの軽いノリで話し掛ける。
閑流は律儀に手を一端止めて挨拶をすると再び刀を振り始める。
「もうあの一件以来、実戦って言う実戦もないんだし・・・もう少しまったりしたら~?」
「・・・いえ、何時また何が起きるか分りませんし・・・腕が鈍るのは一瞬ですが向上させるのは難しいものですし」
淡々と答えつつ刀を振り続ける。
閑流は先の一件が済んでからも鍛錬を怠っては居ない。
それは無論、閑流だけではないのだが・・・多少は以前に比べれば緩くはなっているのが普通だったのだ。
「・・・それに・・・」
「・・・?」
不意に閑流の表情が変わった。
「あの時・・・私は殆ど何も出来ませんでしたし・・・」
「・・・あぁー・・・あの時ねぇ~・・・」
閑流が言っているのは地上神が本当の姿になって以降の戦闘のことだと分かった。
だが、その前の戦闘では重要な役割を果たした上に、あの戦闘では普通の人間にどうにか出来る範疇を超えていた。
恐らくそれは閑流も分かっていても・・・やはり納得は出来ないのだろう。
「・・・雪菜殿が休日にこんなところに居るのも珍しいですね」
「んー・・・?ちょっとふらふらと遊び相手を探しにね」
雪菜の思っていることを雰囲気で察した閑流は話題を自ら転換させた。
「・・・遊び相手・・・ですか・・・?先日は森さんと模擬戦闘をして叱られていませんでしたか・・・?」
「あれはそんな大層なものじゃなくってー、ただじゃれ合ってただけだってば」
閑流はここで初めて手を止め、先日のことを思い出す。
「・・・この広大な敷地を所狭しと駆け巡って、至る所に只でさえ寒いのに大きな氷柱を何本も作って・・・屋敷のあちこちを損壊させて・・・ですか?」
「・・・あははー・・・そんなことも・・・したっけー・・・?」
「・・・」
笑って誤魔化す雪菜に溜息で答える閑流。
「あの夜、森さんは恵理佳殿にこってりと絞られて気の毒でしたよ」
「そんなこと言ったら私だって葵に一晩中お説教食らったんだから」
何故か偉そうに断言する雪菜に自業自得と言う言葉を掛けたかったが、大人の対応で胸にしまって置くことにした。


「・・・雪菜殿」
「・・・ん?何・・・?」
不意に先ほどまで呆れてばかりの様子だった閑流の表情がふと変化した。
「・・・先ほどのふらふらとまるで偶々来た様に言っていましたが・・・あれは嘘ですね?」
「・・・」
閑流の言葉に雪菜は軽く驚いた様子を見せた後・・・
「んふふ・・・流石に鋭いわねぇ~・・・」
「・・・やはり・・・」
雪菜は言いつつ背中に隠し持っていた何かを閑流に向かって投げる。
閑流はしっかりと自分に向かって投げつけられた木刀を受け取る。
「練習で最も身に付く練習方法は~・・・」
「・・・実戦練習・・・ですか」
笑顔の雪菜とは対照的にやはり溜息と共に呆れた様子の閑流。
「葵や真妃はタイプが違うからアレだし、郁と遥香は姉妹水入らずで今は無理だしー・・・それに、閑流も前々から思ってたんじゃない?」
「・・・否定はしません」
楽しそうに話す雪菜に相変わらずクールに答える閑流。
「それじゃあ・・・先に相手に一撃入れたほうの勝ちってことでいい?」
「・・・雪菜殿ならば相手にとって不足はありませんし・・・加減はしませんよ?」
「あったり前じゃない♪」
雪菜は言いつつ目つきを変える。
閑流も刀を腰に戻し、木刀を構える。


1p674.jpg


雪菜も、そして閑流も笑みを浮かべていた。
「・・・久しぶりに楽しく出来そうね?」
「雪菜殿の実力・・・拝見させて貰います・・・!」
言うが早いか雪菜との間合いを一気に詰める閑流。


・・・その夜。
二人はこってり、たっぷりと絞られたのは言うに及ばないことだった。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

スティッカムで簡単ライブ動画配信

プロフィール

シンヤ(nanpP

Author:シンヤ(nanpP
・東方では始めて会った時からレミリア一筋。
・生粋の黒ニーソスキー。
・えろい。
・アイマスでは千早一筋。
・けいおんは澪。


◇mixi(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1342834 )
◇メッセ(nanp728あっとhotmail.com)
◇ついったー(https://twitter.com/nanp00)
◇スカイプ(nanp00)
お気軽に登録してやってください(゜∀゜)


<近況報告>
ひたすら描き続ける時期に入ってます(゚∀゚)

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。