FC2ブログ
試験的なイラストぶろぐ
試験的な何か。のイラスト、漫画専用ブログです。 知り合いからお前のHPは絵の感想が書きづらい。 と言われ、ブログ形式に移行。

はぢめてのCG集DLサイト様で発売中ですよ(゚∀゚)
【東方CG集(紅魔館編)】DLsite.com直リンク


◇お仕事・依頼募集中◇

絵・イラストのお仕事、依頼を随時募集中です。
もしもあればお気軽にメール、メッセなどでお声掛けください。

その他、アイマス、東方、ボカロ、etc…などで企画、1枚絵、挿絵などで描いて欲しいという方が居れば、またはゲスト依頼なんかも上記と同じようにお気軽にご連絡ください。
お待ちしております~(´ω`)


この度、スティッカムに登録をしました。
イラスト製作過程などを配信していきたいと思いますので、宜しかったらお気軽にお越しください(゚∀゚)
スティッカムマイページ
今更ですが、ピクシブのマイページもおまけにリンク先を明記しておきます。
pixvマイページ

今までうpしてきたアイマス動画、ニコ動へうpしてきた投稿動画は、コチラのページに公開投稿動画として纏めてありますのでどうぞ~(゚∀゚)
◆アイマス動画、ニコ動公開投稿動画ページへ◆
◇現在→アイマス動画10作品、オリジナル動画8作品。


対魔征伐係.184「葵の妙案、真妃の憂鬱①」(R-18


「・・・はぁ・・・」
秋の夜道を一人肩を落として歩いている真妃の姿があった。
(・・・まさか休みとはね・・・)
何時もの行きつけのゲーセンへと夜の暇つぶしへ出かけた真妃であったが、本日は何の前触れもなく休みになっていた。
家で待つ葵にはしばらくは帰ってこないと伝えて家を出ている。
今は恐らく食後の家事をこなしていることだろう。
よもやとんぼ帰りする羽目になるとは思っていなかったし、葵も思ってもいないと思われるので、どんな顔をされるか分かったものではない。
葵には笑われることを覚悟して少し前に出てきた自分のマンションへ帰ってきた真妃。


(・・・ん?)
部屋に入ろうとすると鍵が掛かっていた。
だが、今は時間も時間なので、別段鍵が掛かっていても不思議ではない。
部屋の中に人気はあるので、葵は居る筈である。
(・・・あぁ・・・入浴中かしら・・・)
自分用の鍵で玄関を開け、部屋の中に入る。
「葵ー?帰ったわよ」
玄関から声を掛けてみるも返事はない。
予想に反して浴室の明かりはついていなかった。
だが、リビングへ入るとテレビは点いているし、部屋の電気も勿論点いていた。
多少不審に思いつつも部屋を見回すといつもは開いている隣の寝室との扉が閉まっていることに気がつく。
「・・・あぁ・・・なるほど・・・」
真妃はその状況で結論を出し、寝室で仮眠を取っていると思われる葵に気遣い、そっとその扉を開ける。
「・・・っ!?」
僅かに扉を開いた時、真妃の目に入って来た光景は予想の遥か斜め上を行くものだった。
(あ、葵・・・?)
「・・・っん・・・ふ・・・」


1p621.jpg


葵はベッドの上でスカートをたくし上げ、露になっている割れ目を指で弄っていた。
声をなるべく出さないようにする為か、単純に両手を空けるためか、スカートの端を口にしている。
だが、声を殺している所為で指で弄るたびに厭らしい水音が耳に入って来た。
(・・・と、とりあえずここから・・・)
僅かながら呆然と見ていた真妃はハッと我に返り、慌てて扉を閉める。
だが・・・慌てれば当然立てなくともいい音が立ってしまう。
「・・・」
「・・・お嬢様?」
開き直った真妃は仕方なく葵に事の次第を言及する運びとなってしまったのだった。


・・・・・・


「・・・ま、まぁ・・・・別に・・・するなとは言わないんだけどね・・・?」
「・・・」
テーブルを挟んで向かい合って座っている二人。
物言うべき筈の真妃の方が何故か照れており、迫力はない。
葵も何時もとは違い、申し訳無さそうに肩身を狭くしている、ように見える。
「・・・お嬢様」
「な、何よ・・・?」
そんな折、葵がぽつりと呟く。
何故かびくりとする真妃。
「お嬢様には日比谷さんが居て羨ましいですわ・・・」
「ちょッ、べ、別にそんな・・・!」
葵はその場にわざとらしくしなを作り、なよなよと崩れ落ちる。
「お嬢様一筋の私が居るにも関わらず・・・いつもいつも日比谷さんと・・・」
「ま、待ちなさいよ!ちゃんと部屋で、その・・・す、する時は名前呼んで確認してたんだから!」
葵から意外な言葉を投げられ真っ赤になりながら反論をする真妃。
普通に考えれば決して広くはないこの室内である程度の声量で名前を呼ばれれば気づく筈なのだが・・・
だが、そのことに気が動転してしまっている真妃は気付く事が出来なかった。
「いえ・・・そんな声よりも、お嬢様の艶の入った声ばかりが耳に・・・」
「ッ・・・!!?」
相変わらずの芝居掛かった演技をしつつなよなよと真妃に訴える葵。
対する真妃はいよいよ恥ずかしさも臨界点突破しそうな勢いである。
「・・・・・・何、何よ、結局・・・私と真司の所為だって・・・言いたいの?」
恥ずかしさも限界に来ていた真妃は今度はふてくされた様に呟いた。
「・・・えぇ、大まかに言うと・・・そうなります」
「・・・」
釣れたとばかりに態度をガラッと変えて笑顔で答える葵。
この時点で真妃は釣られたことに気がついた。
だが、いつも通り・・・気がついたときには遅かったのである。
「そこで・・・私から提案があるのですが・・・」
「・・・嫌な予感しかしないわね・・・」
満面の笑みで提案を持ちかけてくる葵。
真妃は、このパターンでいい思いをしたことがない。
そんな真妃の悪い予感は的中してしまうことになるのだった。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

スティッカムで簡単ライブ動画配信

プロフィール

シンヤ(nanpP

Author:シンヤ(nanpP
・東方では始めて会った時からレミリア一筋。
・生粋の黒ニーソスキー。
・えろい。
・アイマスでは千早一筋。
・けいおんは澪。


◇mixi(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1342834 )
◇メッセ(nanp728あっとhotmail.com)
◇ついったー(https://twitter.com/nanp00)
◇スカイプ(nanp00)
お気軽に登録してやってください(゜∀゜)


<近況報告>
ひたすら描き続ける時期に入ってます(゚∀゚)

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング