FC2ブログ
試験的なイラストぶろぐ
試験的な何か。のイラスト、漫画専用ブログです。 知り合いからお前のHPは絵の感想が書きづらい。 と言われ、ブログ形式に移行。

はぢめてのCG集DLサイト様で発売中ですよ(゚∀゚)
【東方CG集(紅魔館編)】DLsite.com直リンク


◇お仕事・依頼募集中◇

絵・イラストのお仕事、依頼を随時募集中です。
もしもあればお気軽にメール、メッセなどでお声掛けください。

その他、アイマス、東方、ボカロ、etc…などで企画、1枚絵、挿絵などで描いて欲しいという方が居れば、またはゲスト依頼なんかも上記と同じようにお気軽にご連絡ください。
お待ちしております~(´ω`)


この度、スティッカムに登録をしました。
イラスト製作過程などを配信していきたいと思いますので、宜しかったらお気軽にお越しください(゚∀゚)
スティッカムマイページ
今更ですが、ピクシブのマイページもおまけにリンク先を明記しておきます。
pixvマイページ

今までうpしてきたアイマス動画、ニコ動へうpしてきた投稿動画は、コチラのページに公開投稿動画として纏めてありますのでどうぞ~(゚∀゚)
◆アイマス動画、ニコ動公開投稿動画ページへ◆
◇現在→アイマス動画10作品、オリジナル動画8作品。


対魔征伐係.182「バックも試したいお年頃」(R-18


「・・・ばっく・・・?」
「そう、バック」
学校を終えての真司の部屋。
雪菜は真司の提案に頭の上でハテナマークを出していた。
現在、閑流は外で稽古中だ。
時間はキッチリと守る性格の為、ある意味では安心して出来る。
そうは言っても長いこと外に締め出しているわけにも行かないので、早めにことを進める。
「バック・・・後ろ?」
「・・・昔はバックとかそういう概念と言うか、プレイはなかったのか・・・」
「・・・?」
一人で納得している様子の真司にやはり訳のわからない様子の雪菜。
「まぁ・・・早い話が・・・バック・・・尻でするというプレイで・・・」
「ええぇーッ!!?」
「・・・」
当然の反応だった。
余りの叫び声に思わず言葉が続かなくなってしまった。
「そんなの、幾ら何でも・・・だって、お尻でしょ・・・?」
「・・・そうだな、尻だな」
「・・・」
「・・・」
流石の雪菜も嫌がっているように見えるが・・・驚いているだけとも取れなくもない。
「・・・百聞は一見にしかずって言葉を知っているか・・・?」
「・・・それ、どういう・・・」
怪しい笑顔で言いつつ雪菜に近づく真司。
引きつった笑顔で一歩下がる雪菜。
だが、既に二人はベッドの上に腰掛けていた為・・・逃げる時間は無かった。
「ちょ、まって・・・!」
「人間、なせば成る」
「私は妖怪だもん!」
「妖怪だってなせば成る!」
雪菜を無理矢理ベッドに押し倒す。
流石の雪菜も必死に抵抗していたが・・・
全力で本当に嫌がれば真司にも伝わる上に、実力から言っても余裕で抵抗できる雪菜。
それでもこうして真司の言いなりになってしまうのは、嫌がっている風を装っているからである。
本当に嫌がっていれば流石に手は止める真司だが、こうしてちょっとした抵抗をされるのは何時ものことだった。


・・・・・・



「・・・それじゃ・・・ちゃんとじっくり慣らしていくから安心して任せてくれ」
「・・・安心って・・・そうゆうことじゃなくて・・・そこは・・・」
雪菜をベッドの上で四つん這いにさせて目の前に何時もの割れ目とは違う、尻の穴を持ってくる。
やはり視線を感じるのか、白い尻がふりふりと小さく動いている。
「・・・大丈夫だって、んなことはないし、余裕で舐められるぜ」
「しんじが良くても、私が・・・っ・・・ぅん」
雪菜の気持ちを汲み取って答えつつ、目の前の小さな穴を舌先でつつく。
何時もとは違う感覚に驚いた様子の雪菜。
幾らなんでもいきなり後ろで感じられるほど淫乱でもないので、じっくりと開発していくことにする。
(・・・あぁー・・・でも時間も余りないし・・・多少は滑りもよくするか・・・)
じっくり行こうとした矢先、閑流のことを思い出し、そうも言っていられない状況だと言う事を思い出す。
余りアイテムに頼りたくはないタイプではあったが、今回は仕方が無いのでそれも已む無しだと言い聞かせた。


・・・・・・


そして、時間が無いなりに、なるべく徐々に馴染ませていった真司。
ローション効果も功を奏し、すっかり馴染ませることに成功していた。
最大の難関であった挿入も何とか全てとは言わないまでも入るには入ったが・・・
「・・・自分でやっておいてアレだが・・・大丈夫か?」
「・・・うぅ・・・何時もの方がやっぱり気持ちいい・・・」
こんな時に気が抜けるような情けない声を漏らす雪菜。
「・・・指で弄ってたら結構いい声出してた気がしたが・・・」
「・・・それは・・・多分、気のせい・・・きっと」
相変わらずの四つん這い体勢なので、雪菜の顔は見えない。
だが・・・真司は思うところがあった。
「・・・んじゃ・・・気の所為かどうか、試してみるか」
「・・・ん・・・」
軽く腰を前後に動かす。
たっぷりとローションをつけているために、潤滑油には事欠かない。
それでもやはり未開発のアナルは狭く、固いものがあり、無理は出来ない状態だった。
じっくりと少しずつ広げて解していくように腰を動かす。
「・・・ん?」
「・・・ッ・・・ぅ・・・」
腰の動きに意識を集中させていたため、気がつかなかったが・・・
雪菜の吐息が普段とは違っていた。
「・・・余りシーツは綺麗とは言えないぞ・・・?」
「だ・・・てぇ・・・私・・・」
雪菜はシーツを咬んで声が出るのを堪えていた。
普段の雪菜ならこんなことはないのだが・・・
「・・・大丈夫だって、後ろで感じるのは別におかしいことじゃないし、寧ろ感じてくれなきゃ俺の頑張りが報われないだろ?」
「・・・ぅんー・・・」
真司の説得で我慢を止めた所為か、今までよりも幾分スムーズに挿入が出来るようになった。
「そんじゃ、心置きなく・・・」
「っん・・・ふぁ・・・ッは・・・ぁ・・・!」


1p619.jpg


雪菜も前でしている時と比べて勝るとも劣らない感じ方になっていった。
少なくとも、後ろですることで感じないわけではないことが分かっただけでも十分に収穫のある日となった。







コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

スティッカムで簡単ライブ動画配信

プロフィール

シンヤ(nanpP

Author:シンヤ(nanpP
・東方では始めて会った時からレミリア一筋。
・生粋の黒ニーソスキー。
・えろい。
・アイマスでは千早一筋。
・けいおんは澪。


◇mixi(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1342834 )
◇メッセ(nanp728あっとhotmail.com)
◇ついったー(https://twitter.com/nanp00)
◇スカイプ(nanp00)
お気軽に登録してやってください(゜∀゜)


<近況報告>
ひたすら描き続ける時期に入ってます(゚∀゚)

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング