FC2ブログ
試験的なイラストぶろぐ
試験的な何か。のイラスト、漫画専用ブログです。 知り合いからお前のHPは絵の感想が書きづらい。 と言われ、ブログ形式に移行。

はぢめてのCG集DLサイト様で発売中ですよ(゚∀゚)
【東方CG集(紅魔館編)】DLsite.com直リンク


◇お仕事・依頼募集中◇

絵・イラストのお仕事、依頼を随時募集中です。
もしもあればお気軽にメール、メッセなどでお声掛けください。

その他、アイマス、東方、ボカロ、etc…などで企画、1枚絵、挿絵などで描いて欲しいという方が居れば、またはゲスト依頼なんかも上記と同じようにお気軽にご連絡ください。
お待ちしております~(´ω`)


この度、スティッカムに登録をしました。
イラスト製作過程などを配信していきたいと思いますので、宜しかったらお気軽にお越しください(゚∀゚)
スティッカムマイページ
今更ですが、ピクシブのマイページもおまけにリンク先を明記しておきます。
pixvマイページ

今までうpしてきたアイマス動画、ニコ動へうpしてきた投稿動画は、コチラのページに公開投稿動画として纏めてありますのでどうぞ~(゚∀゚)
◆アイマス動画、ニコ動公開投稿動画ページへ◆
◇現在→アイマス動画10作品、オリジナル動画8作品。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対魔征伐係.26「バイトだってします⑤」


「・・・ソファーで寝る・・・?」
「あぁ、それで何か毛布でも余っていれば貸してくれれば助かるんだが・・・」
部屋中を見回したが、地べたもアレだったので、やはり妥当にソファーで寝ることにした真司。
今の格好が格好だけにせめて毛布1枚くらいは欲しかった。
「・・・せっかく風邪をひかないように泊めてあげるのに意味なくなっちゃうじゃない」
「・・・いや、まぁ、平気だろう」
真司の涼しそうな格好を見て怪訝な表情で文句を言う綾音。
一応はシャワーで暖まったし、毛布1枚で平気だろうと踏んではいたが、言われると多少自信が無くなる。
まさかここで暖房を一晩つけっぱなしにしてくれ。とは言えない。
「幸いなことに二人くらいなら寝れるから」
「いや、流石にそれは・・・」
何故か拗ねたようにスタスタと寝室へと向かっていく綾音。
「日比谷クンがそっちで寝るなら私もそっちに行くから」
「・・・分かった、分かった・・・」
ベッドの上で枕を持って、何時でも行けるとアピールしながら脅してくる。
流石に家主に、しかもレディにソファーで寝させるのは忍びない。
仕方なく思い足取りで真司もリビングから寝室、そしてベッドへと向かう。


・・・十数分後。


部屋の照明は消され、聞こえてくるのは時計の針の進む音のみ。
真司が最後に見た時計では短針は既に二時近くだった。
(・・・眠れない・・・)
綾音の言っていた通り、ベッドのサイズは大きめでギリギリ二人とも寝れるサイズだった。
ここでも風呂場同様に背中合わせで寝ている。
仰向けになって寝ると綾音が視界に入ってしまうので色々と危惧することが発生しそうだったので止めておいたのだ。
だが、見えていなくとも上半身は何も着ていない真司の背中に綾音の長い金髪の感触が伝わってくる。
それだけでも妙な妄想をしてしまう。
「・・・委員長、起きてるか?」
「・・・えぇ」
妄想を止めるためか静寂に耐えられなくなったためか、話しかける真司。
「・・・ひとつだけ聞いていいか?」
「どうぞ」
話しかけてしまったついでに、ひとつだけ聞いておきたいことがあった。
「・・・何で泊めてくれたんだ?」
「・・・」
部屋に上がる前に一度聞いた質問だった。
答えはその時に聞いている。
だが、今改めて聞いておきたかった。
「・・・言ったでしょ?私のためよ・・・」
「・・・納得はするが、あまりこういうことはしない方がいいぜ?」
綾音の部屋に入ってからと言うもの、今の今まで何度も理性と激戦を繰り広げてきた真司。
現在進行形で戦っていた。
「・・・しないわよ」
「・・・そうか?なら、いいんだが・・・」
泊めてくれた理由と先ほどの答えがイマイチ噛み合っていない気がしたが、眠気で思考が深いところまで回らない。
「・・・」
「・・・」
しばしの静寂。
やがて綾音の静かな寝息が聞こえてくる。
ドタバタと色々あった上にこんな時間では起きている方が珍しい。
真司も例外ではなかった。
(流石に・・・眠い、な・・・)
気になっていたことも聞けたことでいよいよ頭の中が朦朧としてくる。
「・・・」
なんと無しに仰向けになってみる。
横を向けば綾音の寝顔が見える。
肩は既に触れている。
今の状況で真司がその気になれば何でも出来る状況だった。
本人が寝ている隙に気づかれずに悪戯なんてことも出来るのだ。
(・・・だーめぇだぁああぁッ!!!寝込みを襲うとか最低だろう・・・)
聞こえてくる男としての悪魔のささやきに必死に抵抗し、逃げるように視界を塞ぐ。
力強く瞼を閉じ、必死に寝ることに集中する。
(・・・だが・・・静かに寝ていれば可愛いんだよなぁ・・・いや、違う。そうじゃない・・・)
一人で自問自答を繰り返しつつ夜は更けていった。


・・・・・・


「・・・クン、日比谷クン・・・」
「んぁ・・・?」
夢で見ていた綾音の声が鮮明に頭に聞こえてくる。
朦朧としている頭で夢か現か考える。
微かに聞こえてくる雀の鳴き声が現実だと知らせてくれた。


1p431.jpg


「やっと起きた・・・寝起きが悪いからいつも遅刻するのね・・・」
「・・・生まれ持ってのものだ、仕方ないだろう」
重い瞼をゆっくりと開けると朝日が差し込む室内に笑顔の綾音が映えていた。
「・・・おはよう、体調は大丈夫?」
「・・・おぅ、おはよう。おかげさまで眠いだけだぜ」
ふと思い出してみれば綾音のこんな自然な笑顔を見たのは初めてな気がした。
「・・・やっぱり可愛いよな」
「ッ!?き、着替え取ってくるからっ」
綾音はまさに目にも留まらぬ速さで寝室を飛び出していった。
「・・・学校、面倒だなぁ・・・」
時計を見れば朝の七時。
まるで恋人と一夜を明かした後のような気だるさを感じつつ、重い身体をベッドから起こす。
綾音のまた絶妙な味の朝ご飯を食べ、一緒に学校へと向かう二人だった。



コメント

前々回、前回と、そして今回と、なんという展開だ!!!

GJ!!!!(*´д`)
【2007/03/29 23:53】 URL | GAHI!? #-[ 編集]
ぽっと出のキャラのはずがあれよあれよと言う間に・・・(´ω`)
今ではヒロインの扱いになってまs(ry

メインは・・・妹、だと思います(´ω`)
【2007/03/30 21:55】 URL | シンヤ #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

スティッカムで簡単ライブ動画配信

プロフィール

シンヤ(nanpP

Author:シンヤ(nanpP
・東方では始めて会った時からレミリア一筋。
・生粋の黒ニーソスキー。
・えろい。
・アイマスでは千早一筋。
・けいおんは澪。


◇mixi(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1342834 )
◇メッセ(nanp728あっとhotmail.com)
◇ついったー(https://twitter.com/nanp00)
◇スカイプ(nanp00)
お気軽に登録してやってください(゜∀゜)


<近況報告>
ひたすら描き続ける時期に入ってます(゚∀゚)

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。