FC2ブログ
試験的なイラストぶろぐ
試験的な何か。のイラスト、漫画専用ブログです。 知り合いからお前のHPは絵の感想が書きづらい。 と言われ、ブログ形式に移行。

はぢめてのCG集DLサイト様で発売中ですよ(゚∀゚)
【東方CG集(紅魔館編)】DLsite.com直リンク


◇お仕事・依頼募集中◇

絵・イラストのお仕事、依頼を随時募集中です。
もしもあればお気軽にメール、メッセなどでお声掛けください。

その他、アイマス、東方、ボカロ、etc…などで企画、1枚絵、挿絵などで描いて欲しいという方が居れば、またはゲスト依頼なんかも上記と同じようにお気軽にご連絡ください。
お待ちしております~(´ω`)


この度、スティッカムに登録をしました。
イラスト製作過程などを配信していきたいと思いますので、宜しかったらお気軽にお越しください(゚∀゚)
スティッカムマイページ
今更ですが、ピクシブのマイページもおまけにリンク先を明記しておきます。
pixvマイページ

今までうpしてきたアイマス動画、ニコ動へうpしてきた投稿動画は、コチラのページに公開投稿動画として纏めてありますのでどうぞ~(゚∀゚)
◆アイマス動画、ニコ動公開投稿動画ページへ◆
◇現在→アイマス動画10作品、オリジナル動画8作品。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対魔征伐係.5「郁先生襲来③」


「あら、私は真剣でも構わないわよ?」
「・・・人間相手に真剣向けられるかよ」
「情報通りの甘ちゃんね」
幾らムカつく相手とは言え、人間相手に真剣を向けるほど我を忘れては居なかった。
真司は真剣を抜き、その場に突き刺すと、鞘を刀代わりに構えた。


・・・・・・・微かに聞こえてくるのは赤く染まり始めた森の葉が擦れる音のみ。
二人は微動だにしない。


タンッ


先に動いたのは真司だった。
一足飛びで十分に届く間合い。
相手は左手のみの使用。
素早く郁の肩口へと袈裟斬りのように鞘を振り下ろす。
郁は真司が振り下ろしたのを目視しつつも微動だにしない。


カァンッ・・・!


堅い物同士が勢いよくぶつかったような乾いた音が森の中に響き渡る。
「・・・コレは・・・」
「・・・お前、大概にしなさい・・・?」
真司の振りかざした鞘は郁の肩口に一見すると触れているように見えるが、郁の反応、先ほどの音からするに郁にまでは届いていない。
普通ならば考えられないことだが、真司には思い当たることがあった。
「災・・・」


ズンッ・・・!!!


真司の言いかけた言葉はそれ以上続くことは無かった。
驚きと考え事で隙だらけだった真司の腹部へ凄まじい鈍痛が伝えられる。
「対魔師が・・・一般人と同じように武器を持ち、同じように振るって・・・何の冗談かしら?」
「ハァ・・・ッ・・・っぁあ・・・!!」
郁から左のボディブローをモロに貰った真司は郁の言うコトも半ば聞こえてはいない。
腹部を中心としたなんとも言えない、ただただ苦しく、苦い痛みを必死で堪えることで精一杯だった。
今まで、何度も災忌という化け物と対峙し、人間相手に喧嘩もした。
だが、これまでの人生でこれほどの痛みを感じたことはあるのだろうかと思うほどだった。
とてもじゃないが、あの細腕からは想像も出来ない。
普通の女性ならば、だが・・・


(さっきのは・・・結界・・・じゃない・・・霊力で自身をコーティングしたのか・・・)
結界術は血筋で使えるかどうかが分かれる。
どれだけ努力をしてもコレだけは習得することは出来ない術なのだ。
更に結界術を行使するには印を組むか詠唱をしなくてはならない。
そのどちらも先ほどは見られなかった。
そうなると自ずと考えられる手段はひとつ。
災忌のように霊力を使い、自身の周りにバリアーのような膜を形成することだ。
(・・・だが・・・)
理論上は可能なこの行動も、真司には俄かには信じがたいことだった。
そんなことが出来るのであれば、対魔師は皆使って安全に災忌退治に励んでいることだろう。
子供のパンチが来るわけではない。
自分のことを叩き潰そうと凄まじい衝撃が襲ってくるのだ。
そんな衝撃を防ぐためには膨大な霊力を一点に凝縮させなくてはならない。
相手の攻撃してくる軌道を読み、更に瞬間的にその位置に霊力を集中させなくてはならない。
そんなことが出来る対魔師なんて真司は聞いた覚えが無い。


「・・・分かった、全力だ・・・」
信じがたいことだが、目の前で起こったことを否定することは出来ない。
真司は鞘を構えなおし、災忌と退治する時と同じく、鞘へ霊力を込め始める。
「・・・始めからそうなさい」
郁は心底呆れた顔で肩を竦める。
「今度こそ、油断はないぜ?」
「あってもなくても結果は同じよ?」
二人の距離は近い。
鞘を構えれば目と鼻の先に郁の顔がある。
狙いを定め、斬りかかる。


ガッ・・・!


「・・・そりゃ、ないぜ・・・」
真司の振り下ろした鞘はガッチリと郁の左手に納まっている。
今度は確実に霊力を込めた筈だった。
だが、郁の左手には自分が鞘へ込めた霊力とは比較にならないほどの霊力が込められていた。
それだけだった。
「二発連続で肩口狙い・・・私のことを思ってかしら?」
真司は狙おうと思えば郁の頭を狙えた。
むしろ、1番距離的に近かったのは間違いなく頭部だ。
だが、当てた場合・・・そのことを考えるとどうしても頭部を狙うことは出来なかった。
「・・・くっ!!」
これでも何度も実戦経験がある真司。
咄嗟に右膝が郁の腹部目掛けて振り上げられる。


ヒュ・・・!!・・・タンッ・・・


郁は鞘を離し、素早く体を退け、膝を避ける。
これにより、当初の二人の距離にまた戻った。


「・・・本当に左手だけで勝つつもりか・・・」
「言ったでしょ?左手だけで余裕だって」
先ほどの一瞬。
郁に拘束がなければ右手なり何なりでカウンターを貰っていた筈だった。
それが無かったのは本当に左手だけでどうにかするつもりなのだろう。
(・・・なら・・・)
相手が左手だけしか使わないというのなら、それに対応した戦法でいくことに決めた。
確実に相手に左手でガードさせれば、相手は何も出来なくなる。
こちらは防がれる前提で鞘で攻撃し、防がれてから本当の攻撃を仕掛ける。
(・・・距離を詰めて、振りを最小限にし・・・当てることだけを考える・・・)
威力や相手のガードを崩すといったことを考えず、相手に当てる、触れることだけに集中すればほぼ確実にこなせる自信はある。
(・・・よし)
真司は神経を集中させ、鞘に霊力を込め、郁の動きをしっかりと見る。


「・・・どうやら、いよいよ決める気らしいわね?なら、私も次で決めてあげるわ」
「・・・」
「次のお前の攻撃を確実に避けて、カウンターを当てて私の勝ち。決定ね」
まるでこちらの次の行動を読んでいるかのような発言だったが、真司には必ず成功させる自信があった。
「・・・ふふ・・・」
(・・・なんだ・・・?」
何が可笑しいのか、郁は不意にクスリと笑うと前髪を掻き揚げる。
「・・・オッドアイ・・・か・・・」



1p409.jpg


郁が髪を掻き揚げると今まで見えなかった右目が現れた。
その右目は左目の淡いブルーとは対照的に濃い深紅の瞳をしていた。
オッドアイという単語は知っていたが、実際に見るには初めてだった。
確かに驚きはするが、コケ脅しもいいどころである。
「・・・ま、珍しいことは珍しいな」
言いつつ真司はじりじりと郁との距離を詰めていく。
そして、先ほどの距離、鞘の先端から郁の頭が触れそうになるほどの距離まで来た。


ヒュッ・・・!!


真司は最小限の振りで素早く、的確に郁の体目掛けて鞘を斬り付ける。
(次の行動は・・・!!)
足を使うか片手を使うか、決めようとしていた矢先。


スカッ・・・


鞘は虚しく空を切る。
そこにあるはずの郁の体は紙一重で届かない後方まで飛び退いていた。
「そん、な・・・ッ!?」
ありえないことだった。
あの近距離で、あの攻撃を避けることなど。
こちらの攻撃を見てから避けたのでは到底間に合わない距離だった。
かといって早々と動けばこちらは見てから余裕で攻撃の軌道を変え、当てに行けた。
だからこその自信だったのだ。
だが、現実はいつも予想通りにはいかないものだった。


ゴッ・・・!!!


攻撃を当てられなかった真司は無様によたついていた。
そんな真司の後頭部に衝撃が走った。


・・・・・・・・・


「・・・言ったとおりお前なんて左手で余裕だったでしょ?」
「・・・真司だ・・・お前じゃねぇ・・・」
真司が気がついたときは目の前に草と緑。
体にはずっしりと重みを感じていた。
「それは悪かったわねぇ・・・それじゃ、今からは言ったとおりに呼びなさいね?真司」
「・・・へぃへぃ・・・分かったよ、師匠・・・」
郁は地面へ突っ伏している真司の体にどっかりと鎮座しながら笑顔で命令する。
いろんな意味で完封された真司はぐぅの音も出ないと言うやつだった。
「あぁ、ちなみにね・・・私の右目、未来が見えるの。便利でしょ?」
「・・・そりゃ、ねぇわ・・・」


初めてかもしれない完全なる敗北感。
そしてこれから始まるであろうこんな師匠の下での修行の日々。
何を言われても驚く気力すらなかった。
だが、ぐぅの音程度は出せた真司だった。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

スティッカムで簡単ライブ動画配信

プロフィール

シンヤ(nanpP

Author:シンヤ(nanpP
・東方では始めて会った時からレミリア一筋。
・生粋の黒ニーソスキー。
・えろい。
・アイマスでは千早一筋。
・けいおんは澪。


◇mixi(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1342834 )
◇メッセ(nanp728あっとhotmail.com)
◇ついったー(https://twitter.com/nanp00)
◇スカイプ(nanp00)
お気軽に登録してやってください(゜∀゜)


<近況報告>
ひたすら描き続ける時期に入ってます(゚∀゚)

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。